読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

箱根エリア3連チャンの締めは明神ヶ岳♪

金時山、矢倉岳ときたら最後は2年半振りの明神ヶ岳。登山口は紅葉も終わり観光客もまばらな「曹洞宗大雄山最乗寺」ですのでまずはお参りしてからスタートです。
ここ明神ヶ岳はこの登山口から距離約10km標高差約800mとほどよい山歩きが楽しめます。外輪山なので山頂からは金時山などへ縦走もできますがアクセスが厄介なのでほとんどピストンしかしません。
特に危険な箇所もない登山道は下部は植林帯で上部は山腹を巻くように登り詰めて稜線にでます。朝のうちは富士山も見えていたのですが稜線にでるころにはすっかり雲に覆われてしまいました。ちょうど昼時ということもあって山頂ではたくさんの方々がランチや休憩でくつろいでいました。わが家も久しぶりにカップ麺やいなり寿司でのんびりランチ休憩をすることができました。
帰りはちょっと寄り道しながらの下山で久々に夕方いっぱいまでの山歩きとなりました♪
*今回の写真は3枚目以降はEOS KISS+オールドレンズ(Super Takumar 1:3.5/28)で撮影しております^^

f:id:hiromu228:20161205141959p:plain
南足柄市内から望む富士山と矢倉岳

f:id:hiromu228:20161205142000p:plain
正面にど〜んと横たわる明神ヶ岳

f:id:hiromu228:20161205142003p:plain
大雄山最乗寺の参道

f:id:hiromu228:20161205142005p:plain
登山道脇の仏様たち

f:id:hiromu228:20161205142006p:plain
下部はこんな登山道が続きます。地質も粘土質が多く雨のあとは厄介です

f:id:hiromu228:20161205142007p:plain
途中振り返ると丹沢・大山(右側三角錐)が見えます

f:id:hiromu228:20161205142008p:plain
上部は苔むす山腹を巻きながら進みます

f:id:hiromu228:20161205142009p:plain
このコースには水場が2か所ありここは「明神水」。ちなみに下方の水場は「神明水」

f:id:hiromu228:20161205142010p:plain
山頂から望む金時山と続く稜線

f:id:hiromu228:20161205142011p:plain
反対側には小田原と湘南(西湘)の海が広がります
このあとウロウロウロウロ楽しく下山しました♪

保存

保存